認定こども園とは -1-

認定こども園とは -1-

今回は認定こども園である当園の基本情報を紹介したいと思います。

まず初めに【認定こども園】とは何か簡単にご紹介します。

久昌寺保育園は、幼稚園と保育園の機能を併せもっている認定こども園です。

認定こども園は、2005年に制度ができ、2015年の制度改正から全国に普及しました。

まだ「よくわからない」という方もいるかもしれないので簡単に説明します。

当園は本年で85年を迎えますが、保育園由来の幼保連携型認定こども園です。

「認可保育園」に「幼稚園」の機能を加え、平成30年度から幼保連携型認定こども園として生まれ変わりました。

保護者の共働きや介護、妊娠・出産等、様々な理由によって「保育が必要」としている子どもを預かる『保育園』に加え、『幼稚園』として様々な家庭の子どもに対して、幼児教育・保育を提供する場ということです。つまり、満3歳児以上については、保育の必要性の有無を問わず、希望する全ての子どもが利用できるという施設です。

 

【ここが認定こども園のメリット!】

幼保連携型認定こども園は、1号認定子ども・2号認定子ども・3号認定子ども、全ての認定区分のお子さまもお受けすることが出来ます。

これまでの認可保育園、又は幼稚園だけという施設では、

〇通いたい認可保育園があるが、共働き世帯ではないため利用が出来ない

〇共働きで認可保育園に預けていたが、両親のどちらかが会社を辞めたので、その園を退園しなければならない

という問題がありましたが、認定こども園では、園の在籍状況や、保護者の就労等の事由によって、入園後に認定区分を変更することも可能なのです。

入園すると卒園まで安心してご利用いただけます!

[1号認定]子どもの年齢が満3歳~5歳までに適用されるものです。保護者が就労や出産など、保育に必要な事由に相当しない場合に適用され、4時間程度の教育標準時間で通園することとなります。(当園の教育時間は9時から13時となっております)

[2号認定]子どもの年齢が3歳~5歳までに適用されるものです。保護者の就労や疾病などの理由により保育が必要であると認められ、保育を希望する子どもが対象となっています。

[3号認定]0~2歳児で、保護者の就労や疾病などの理由により保育が必要であると認められ、保育を希望する子どもが対象となっています。

 

 

次に当園の1日を紹介をします!                                        

〇開所日・開園時間〇

月曜日~土曜日 7時00分~19時00分まで

〇休業日〇

日曜日、国民の祝日に関する法律に規定する日、

年末年始(12/29~1/3)

〇教育・保育提供時間〇

◆1号認定:教育時間 9時00分から13時00分(4時間)

◆2・3号認定:保育標準時間 7時00分~18時00分(11時間)

保育短時間:8時30分~16時30分(8時間)

◆延長保育:保育標準時間 18時00分~19時00分

(2.3号認定):保育短時間 7時00分~8時30分、16時30分~19時00分

◆幼稚園型一時預かり

教育時間以外の開園時間に預かり保育を行っております。

長期休み中の預かりも可能です。

 

 

詳しく説明を受けたい方、また実際に園生活の様子を見てみたい方など、随時園見学もお待ちしております!

子育て支援事業等の日程は、ホームページや、Instagramなどでも、ご覧いただけるようになっておりますので、興味のある方はぜひチェックしてみてください!

その他、詳細や何か気になる点がございましたら、お電話やInstagramのDM等、お気軽にご連絡下さい!

参考:内閣府子ども子育て本部

認定こども園概要: 子ども・子育て本部 – 内閣府 (cao.go.jp)

タイトルとURLをコピーしました
ページトップ
GoogleMap