救急救命講習

日本赤十字社岩手県支部の方をお招きして、心肺蘇生法やAEDの使い方を教えて頂きました。

乳児と幼児それぞれの対応の仕方を学び、人形を使用して実際に行いました。

改めて、命の大切さを学べた時間となりました。

 

子どもたちのそばには、危険がいっぱいありますよね。

特に今時期は暑くなってきて、家庭でもプールや水遊びをする機会が多くなると思います。

お風呂やプール、タライの水はもちろんのこと、コップ一杯の少量の水でも、口と鼻が水につかると呼吸ができなくなり、大変危険ということでした。

ケガの無いように、危険な事やいけないことは子どもたちと理解しながら、いろんな遊びを思いきり楽しんでいけたらと思います。